えんとりー! Entertainment +Trip= LIFE

旅が好き。楽しむ事が好き。マイペースに楽しいことを。

シン・ゴジラ

イムリーにハマってます。

既に2回キメて来ました。

行っても行っても行きたくなるこの感覚、覚えがあります。

そうです、マッドマックスです。去年マッドマックスは計4回行きました。

ゴジラ、後何回行くことになるのでしょう。

 

以下、ネタバレ全開です。

 

映画は漂流船の捜索をする海保の映像から始まります。

揃えられた靴、封筒、海図らしき物、そして宮沢賢治春と修羅

 

春と修羅の全文は、すでに青空文庫にあるので置いておきます。

宮沢賢治 『春と修羅』

第四次延長の中で主張されます。

と締められるこの詩。

 

実は今回のゴジラ、なんと第4形態まであるのです。

この一筋縄ではいかない伏線の感じ。非常に好み。

詩の中に出てくる『青い照明』とか『空気や塩水を呼吸しながら』とかも

もうね。

こうやって調べなきゃ分からない伏線とか大好きなんですよ。(←単に知識がないだけ)

だからついつい何度も見に行ってしまう。

 

形態を変えながら、上陸、侵略を進めるゴジラ

理由なんて分かんないけどゴジラはとにかく東京目指して一直線なんです。

なんでそんな上京したいの?

 

そこに思考なんてものはなくて、それと裏腹に思考しかない内閣。

この、一筋縄でしかない感じ、豪華な役者の細かい演技。

本当にくだらない事しか話してないんですが、もうそれって会議あるあるな感じで。

一方、身体を使う側、自衛隊や警察の動向はシンプルで目標に向かって一直線。

ものすごい台詞の量に飲み込まれそうになりつつもそれが気持ちいい。

不思議な感覚です。

 

とにかく豪華な俳優陣。

片桐はいりさんなんかお茶置くだけ。マジかよ。

と思いつつもウォーリーを探せのようにそれを探すのがまた面白かったり。

 

一種のトランス状態に入りながら見てしまうわけです。

それには何よりも、自分の知ってる場所がどんどん壊されていく絶望感。

弊社壊されました。的なツイートを何件も見かけましたが。

この今ある場所が壊される恐怖。

半端ないです。

 

でも、この映画のすごいところは、特殊兵器も出ません。

新幹線やら、在来線やら働く車が現実的にカタをつけに行くんです。

それがたまらなくカッコいい。

もう見た日から私は自分の通勤列車が愛おしくて仕方がないです。

 

まだまだ劇場で見られると思いますので、未見の方、食わず嫌いせずに是非。

おすすめですよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

セトウツミ

見ました。

 

菅田くんが舞台挨拶でこんなDVDで見る感じの映画を見に来てくれる皆さんが大好きですー!と話したニュースを見ましたが。

 

確かにDVDで見る映画です。笑

なんかTHE 3名様を思い出しました。

ゆるっとした空気感。

くだらなーい会話を続けながらくだらなーい時間を過ごす。

でもそれは1番楽しいもので。

何の話したかも覚えてないけど、何か楽しかったよね。ってのが残る時間は1番幸せです。

 

ガリ勉の瀬戸、能天気な内海。

2人ともそれぞれに複雑な家庭を持っていて。時々そんな話もするけど、深刻すぎるわけでもなく、友達と話すときに流れる空気感。

 

菅田くん、池松くん。2人の演技力が無かったら成り立たないお芝居。DVDで見る作品とは言ったものの、とっても贅沢な時間でした。

 

後ろの女子が、菅田くんの一挙手一投足に「可愛い」と悶えているのがだだ漏れで。好きな人にはたまらないご様子。

 

都内で3館しかやってないの、もったいないなぁ。

 

この映画の特報。映画を切り取ったのだと思っていたら全く関係なくて笑いました。スタッフの本気。見ていただければ雰囲気は伝わるかと。

 

セトウツミ 特報① けん玉

映画『セトウツミ』特報1「けん玉」

 

セトウツミ特報②タイミング

映画『セトウツミ』 特報②「タイミング」 - YouTube

 

セトウツミ特報③スタンディングオベーション映画『セトウツミ』 特報③「スタンディングオベーション」 - YouTube

インデペンデンスデイ リサージェンス

見ました。ネタバレありです。

 

前作から20年。

まだ小学生の頃、映画が好きな親戚のおじちゃんちで見せてもらった記憶。

そのおじちゃんもおばちゃんも2人とも、もう亡くなっていて時の流れを感じます。

 

おセンチは振り払ってさて本作品。

 

攻撃される→頑張る→ピンチ→大逆転の王道の流れ。

物語は前作の大統領の演説から始まります。

大統領は負傷した足を引きづりながら隠居しており、ウィル・スミス演じたヒラー大佐はなくなっており、息子のディランがエリート街道まっしぐらの軍人。ディランのライバルとなるのが、リアム・ヘムズワース演じるジェイク、前回の襲撃により孤児になってしまった過去を持っています。

そして、前作大統領の娘でありジェイクの婚約者でもあるパトリシア、この3人は軍で一緒に訓練をしていたことが分かります。

 

今作の大統領は女性。奇しくもヒラリーさんが大統領選の真っただ中。

オバマさんが黒人初の大統領になる前、映画やドラマに大量の黒人大統領が出てくる時期がありました。それを何となく思い出しました。

女性初の大統領。そう遠くない未来に生まれるんでしょうね。きっと。

女性のファイターパイロットがいたのも、新鮮。20年で女が強くなってますね。これも面白いところ。

 

前作のオマージュもいっぱい。正直、私すっかり色々忘れてたので、帰ってきて一作目を見直しながら答え合わせした感じです。

エイリアンvs素手。

捨て身の攻撃。などなど。

 

ストーリーは一言で言うと、雑。

突っ込んだら負け。

でも、なーんも考えずに見て楽しめて、これぞエンターテイメントと言える作品でした。

中の人はこういう映画、大好物です。

 

 

7/9公開でしたがどうせなら7/4にすれば良かったのにね。

劇団おぼんろ第13回本公演「ルドベルの両翼」

※ネタバレありです。

王子駅から歩いて数分。BASEMENT MON★STAR

 

黒い壁に挟まれた細ーい階段を降りると、そこには不思議な空間がありました。

 

私がこの劇団を初めて見たのは昨年、吉祥寺シアターでゴベリンドンという作品でした。

とても幻想的で、美しい物語。演じる本人達が語り部と自称するとおり、物語がそこにはあって。

5人しか舞台にいないとは思えないほどの圧倒的な熱量にやられ、すっかり虜になってしまったのです。

そして待ちに待った今回の公演。

 

階段を下った先で一人一人と言葉を交わし、握手しているのは、主宰であり脚本演出も手がける末原拓馬さん。劇場に入ると、残りの4人の語り部さんがそれぞれ、お客さんに声をかけて回っています。

「初めてですか?おすすめはこのあたりです」

「おぅ、久しぶり」

「今日は友達は?」

「この席だと衣装当たるかも、その時はごめんなさいね。」

本当に細やかで。面食らうほど距離が近い。

これは内輪感にもつながって、もしかしたら諸刃の剣なのかもしれないけど。私的には好感がもてました。

おぼんろの公演の座席はとても変則的。桟敷席が殆どで、劇場中に張り巡らされた通路のそばにも席がみっちり。舞台の前後ろも特にない完全自由席。むしろ自由座布団。

次の公演は、私もおすすめの席聞いてみようと思います。勇気があれば。←

 

そして時間が過ぎ物語が始まる気配がし始めた頃、末原さんが劇場内を走り回りだします。

どうしたのかなと眺めていると、各スタッフ、役者と握手を交わしています。こういうの好きです。そして最後、語り部の1人、藤井としもりさんから背中を、バシッと叩いてもらって劇場の中心へ。

さっきまでの柔和な表情とは打って変わって、柔らかい笑顔と真剣さが入り交じる表情。

この人の表情の切り替えにゴベリンドンの時もやられたことを思い出します。

 

見ている側の「想像力」を引き出すために、彼が話す前説はゴベリンドンの時と同じもの。でも全く違う物を想像したり、軽く催眠にかけられているようなそんな気持ちで言われるがまま目を閉じます。

「次に手を叩いた時、あなたは物語の中にいます」

 

その言葉そのままに、それから約2時間、私は物語の中に連れ去られていました。今回は、仲間の話。弱虫が成長して、守るべき人を得て、人が人を思いやって。見終わった跡に、胸に温かいものが残るのでした。

 

劇中、とても重要なシーンの中の歌で

「オイラはオイラの大事なものを何が何でも選ぶのです」

という歌詞があるんですが、対して大事でもないものをよく選んでしまう自分には耳が痛く。そう言いきれる強さが本当にうらやましいと思ってしまいました。

見終わった後に、やなことは沢山あるけどとりあえず明日も頑張ろう。と素直に思える。そんな時間でした。

 

来年、おぼんろさんは専用劇場を作るとのこと。そこでは毎日物語が語られる。と主宰の弁。

 

そんな場所が出来たらきっと通いつめてしまいそうです。昨年感じた期待がそのままに、むしろそれ以上に深みにハマり、まだまだこれからも追っかけていきたい劇団となりました。

 

素敵な時間をありがとうございました。

二つ星の料理人

「二ツ星の料理人」予告編 - YouTube

 

見てきました。

ネタバレ満載。

映画の感想に関してはネタバレ全開で行くつもりです。

 

パリで若くして、二つ星を取って天狗になったアダム(ブラッドリー・クーパー)。ジャンキーでアル中、借金まみれでアメリカへ。このへんのことはあまり深く語られません。

 

自分への禊として選んだのが、、、、

牡蠣の殻剥き。

その数なんと100万個。禊を達成し、パリではなく昔の同僚のいるロンドンへ。

薬を断ち、酒を断ち、女も断ち。(ここでつまらんと思ったブラッドリーファンは手を挙げて。大丈夫です。安心して下さい)

ミシュランの三ツ星を目指して、新しいレストランを開きます。

 

でも100万個の牡蠣を剥くだけの時間は料理の世界にも流れていて、彼の手法は古いものになってしまっている。

そんな中、新しく雇ったシエナ・ミラー演じるヒロイン、エレーヌの力も借りてだんだんレストランが軌道に乗っていく。

そして2人は段々いい感じになってきて。ヒラメまみれのなか、キスをします。

でも借金取りにはずっと狙われていてボコボコにされたりする訳です。

 

そして訪れるミシュランの覆面調査員。

○必ず2人組

○決まった時間に現れる。30分前、1人がウェイティングバーに、遅れてもう一人が現れる。

○1人はア・ラ・カルトを、1人はコースを注文する。

○そっとフォークを床に置く。

ってそんなわかりやすいことあるかーーーーい!と突っ込みたくなること請け合い。

 

でもそのままの客が来て。周りに当り散らし、プレッシャーをかけまくりながら、渾身の料理を出すわけですが、ここで以前のアダムの振る舞いを根に持っていた兄弟子ミシェルの裏切りにより、料理を突き返されてしまい絶望する。

 

荒れに荒れるアダム。ブラッドリー、こういう役、本当にお上手です。

それを助けてくれるのは、つい最近までいがみ合っていた昔の仲間リース、酔いつぶれて目覚めた朝にオムレツを作ってくれて色々な話をします。映画の中で、フライパンはもう古い。と言われるセリフがあるのだけど、このオムレツを作るためのフライパンがとにかく効果的に、普遍的なものがある事を意味している気がしました。それは友情と愛情で。

 

店を開くのに力を貸してくれた給仕のトニー。彼は静かにアダムのことを愛していて、それ故見捨てることが出来なくて、アダムも彼の自分に抱く感情に気付いていて。でも、答えることは出来なくて。最初、トニーがアダムのいない部屋に忍び込んで、荷物を漁ったり、Tシャツの匂いを嗅いだりするの、酒や薬をやっていないかのチェックだと思ってたのだけど、今思えば、この秘めた愛情を隠す伏線でしたね。シャワーを浴びるアダムを見ないようにする姿がとっても切なくて。トニーが一番辛いよ。これ。

 

物語は急転し、実はアダムが荒れる原因となった覆面調査員はただの客であったことも判明し、まだチャンスが残されているとわかります。それを伝えたトニーにアダムはキスを。精一杯の感謝・愛情表現なんだけど、トニーからしたらこれ生殺しだよ。しかも、エレーヌの前だし。

 

借金の問題も方がつき、色んな人の支えに感謝しながら料理を続けるアダム。

そしてまた覆面調査員と思われる客が来たが、前回のように慌てることもなく。いつも通りの料理を作るアダムの絵で物語は終わります。

 

 

1時間41分。とにかくまとまりが良くて、大好きな映画となりました。

出てくる料理が全部美味しそう。

ちょっと何か見たいなぁ。疲れるのは嫌だなぁ。って時にお勧めです。

結論は出ないけど、その含みがまた良い。

 

 

ラディアントベイビー(ネタバレ)

今日が東京楽日だったので、内容についても書いておきたいと思う。

 

本当は週末大阪公演だったので、それが終わったらと思ってたのだけど。キース役の柿澤さんがアキレス腱断裂で中止とのこと。さぞかし悔しいだろうと思う。アキレス切ったまんま3公演。想像を絶する世界。

 

この舞台、このままで終わるとは思えないし。またすぐ、キースに会える予感がしてる。まずは何より柿澤さんのご回復を心よりお祈りしてます。

以下ネタバレも含む。

 

 

物語はキースの現在と過去を行き来しながら進む。

キースはとにかく書き続ける。でも、何を書けば良いか分からなくなっている。

売れていくにつれ、批判されていくこと、評価されていることも多くなっていく。

そして自分がHIVに感染していることを告げられて、混乱している。

 

田舎の街から出てきたNYは刺激的で、その象徴のようなツアーガイドのシーンや、伝説のクラブ、パラダイスガラージのシーンでキースにとってのNYの印象が鮮やかに描かれる。

派手な衣装で歌い踊るディーバ&ディーバマン。まさにパラダイス。田舎特有の保守的な考えに鬱々としていたキースにとって、魅力的に映ったことは想像にかたくない。

 

そんな中出会った恋人(の1人)DJのカルロスとのシーンは甘くて。カルロスは作品の間中、キースが好きでたまらないのが溢れ出てる、切ないほどに優しい目で、キースを見つめ続けてる。でも、キースはカルロスだけじゃない。他の男とも寝てたのだろうなぁと言う事を、カルロス以外の男性と椅子で絡み合う姿を見せつけによって、カルロスのしんどさを思い知らされる。

 

そんな中でキースの人気はうなぎのぼり。それと同時に乖離していく自分の理想との姿。そして突きつけられる病の現実。

キースは本当に色んな人から支えられてる。親友のクワン、アシスタントのアマンダ、そしてカルロス。皆が支えてくれているけどそれすらも拒絶しそうになる。その時、キースのファンの男の子からの手紙が届く。キースの絵を見て、絵を書き始めたことが綴られた手紙。 この子役の歌う曲がほんとに素敵。そして、彼はまた動き始める。

残された人生をキースはとにかく書き続ける。病に負け、筆が持ち上がらなくなる日まで。彼より長く生きた人よりも多い枚数を書いて、その日は来る。

クアンとアマンダに見守られながら、キースが天に召されるところで、物語は終わる。

 

 

ジェットコースターみたいに過去と現実が行き来して。時々今がどこかわからなくなる。もともと、メメントとか、500日のサマーみたいな時系列ねじ曲げ系の映画も苦手な私にはハードルが高かった(どっちも大好きなんだけどw)

ヒントはキースのTシャツの色。色によって時系列が分けられてるそうな。面白い演出。知ってたらもうちょっと簡単になったかな。。。

 

でも正直そこの分からなさは些細な問題で、この物語のエネルギーの前で邪魔になるものではなかった。とにかく、パワフルで、元気をもらえて。

 

キースが病気が分かる29歳。奇しくも私も今29歳。どう生きるか。どう生きたいか。なんて、そんなことをしばらく考え込んでしまった。

 

試写会体験記

レッドカーペットのことを昨日は書いたので今日は試写会のことを書いてみようと思います。

運良く今まで十数回参加させて頂いてるので、初めての方になんらかのご参考にはなるかと。

ジャパンプレミアとか、完成披露試写会とか色々な形態はありますが概ね、流れは一緒な気がします。

 

応募

レッドカーペットよりは試写会のほうが参加できる人数多めのためか当たりやすい印象です。

種類は大まかに分けて2種類あります。

  1. 出演者もしくは監督などが登壇し舞台挨拶をするもの
  2. ただ映画だけを見るもの

当然前者の方が倍率は高いと思われます。

お好みに合わせて応募をし、当てるまでが第一関門。よく懸賞とかで言われてますが、アンケートとかの形式のものはみっちり書いた方が当たる率が高い気が、ほんのりします。(※個人的感想)

 

当選

当選するとハガキで招待状が届くことが多いです。大体1枚で2名まで有効。違う場合もありますが、その時は封書でハガキサイズの招待状が2枚はいってました。

せっかくなので誰かを誘いましょう。1人でももちろん行けなくはないのですが。2人いること、これが実は結構重要なキーになります。

 

当日

招待状には整理券もしくは座席指定券の配布時間が書かれている場合が多いので、きっちり確認しておきましょう。

舞台挨拶が付いているものの場合、映画の規模やゲストの人気にもよりますが、できるだけ会場に早めに行って様子を見てみるほうが良いかもしれません。私はいつも1日予定を開けて、会場付近で様子見をします。すると朝の早い時間から並んでいる人が結構な確率でいると思います。

席はランダムと言われる場合がほとんどですが、やはり整理番号が早い、もしくは早く座席指定券に引き換えた方が前の方の席になる確率が高いように思います。(※あくまで個人的感想)

で、さっき書いた誰かを誘おうという話に繋がるのですが、理由は単純で、並ぶのに1人だと暇だからです。長時間並んで、トイレに行くのに離れるのに1人だと周りに気を使うからです。それなら誰かと一緒に話していた方が気も紛れるし時間も早く過ぎる。。。のではないかと。一度夏場に炎天下で1人で並んで熱中症になりかけたので、もう1人並びは無理だと悟りました。もし1人の場合はそういう対策もしっかり考えてくださいね。日陰ばかりとは限りませんので。暇つぶしに本とかタブレットとかあるといいと思います。

時間が来たら順番に整理券もしくは座席券を受け取ります。後は開場時間に合わせて戻ってきて映画を楽しんでください。

 

舞台挨拶がなく映画だけの場合はそこまで並ぶことは少ないと思います。でも余りギリギリに行くと、欠席を見越して多めに当選が出ているのか、すでに満席と言われてしまう場合もありました。これは地味に凹みます。

なのでこちらも、できれば会場のキャパを調べておいて、列の様子を見て並ぶタイミングは考えた方が良いかもしれません。

 

鑑賞後

鑑賞後、話したくはなるけど盛大なネタバレ、しかもフライングになるので。面白かった。つまらなかった。色々あると思いますが、ストーリーの核心に触れない程度に私はツイッターやらFBやらで発信するようにしてます。やっぱり宣伝効果を狙っての試写会だと思うので。せっかく見せて貰えたら、お返しになればいいなぁ。

 

以上、試写会参加の備忘録でした。最後までありがとうございました。